美術館に行こう

ヘッダー画像の絵はエヴァレットミレーのオフィーリア。

当時、中学生だった私は美術の教科書に掲載されたこの絵に吸い込まれました。

描かれているのはハムレットの登場人物、オフィーリアの死について。

まだ、身近で死を目の当たりにしたことのない当時、まるで小川に流れる花束のようなその死は妙に心を惹かれたものです。

数年後、大学生ながらアルバイトを3つ掛け持ちして、一人、この絵を訪ねる為、イギリスのテートギャラリーにまで本物を見に行きました。

ミレーの絵は、その精工さの為、絵を仕上げるのに一日で1セント硬貨ほどしか進まないとぼやいていたそうです。

教科書の印刷では知ることができなかったその言葉の意味がその実物には現れていました。

小川の脇にはほら、蜘蛛の巣が…。

絵には全てが詰まっていると言われています。

歴史、文化はもちろん、医学、光学、生物学、心理学、LOVE、はたまた絵だけど音楽(古い絵に楽譜が精巧に描かれていたりするんですよ)まで。

この探求はさながら人に対するディープラーニング(深層学習)を行っているようです。

その探求にすっかりハマってしまった私は、珈琲の勉強と共に世界中の美術館にも足を運ぶようになりました。

その数はなんと!!…数えていません…。

美術館をオススメすると敷居が高くてとか、よく分からなくて、と言われます。

そういった方に私なりの美術館での周り方のコツを伝授したいと思います。

有名な作品を探さないでください


美術館に行く目的が有名なものを見に行ったという満足感のためだけではもったいないです。
私がよくするのは、最初は入り口から出口まで見て流す感じで歩いていきます。
その時に目を引いた作品を覚えておき、もう一度引き返して何故興味を引いたのかを確認しにいきます。

主人公の脇にも目を向けてください


歴史上、画家というのは哲学者としての一面を持っていることがたくさんありました。
画家は精工にただ描くことだけに意味を見出していません。
主人公と成る人物がいたらその周りの細部にも目を運んでみてください。
思わぬ発見があり、とても見るのが楽しくなってきますよ。

お子様も連れて行ってあげてください


よく、子どもは美術館駄目じゃないですか?っと言われますが、子どもにとってとても重要な教養の一つです。
しかし、しつけのできていないお子様を連れて行くことは駄目です。
普段からTPOをわきまえた人としての振る舞いができる子にしつけをしておく必要があります。

撮影OKでも基本的に写真を撮るのはNG


撮影OKだとよく見る光景が作品を片っ端から撮っていく人…それも携帯のカメラで。
例えばこれがヨーロッパで人生最後の旅行になるかもしれない。
だから、何枚も行ったその証拠を残したい。
その気持ちすごくわかります。
でも、そんな大切な思い出だったら余計に写真を量産するべきではありません。
とんでもないものを見てしまった…そんな絵の前でだけ写真を撮るのも良いと思います。
絵の写真が欲しければ綺麗なカタログが美術館に売っておりますので。

説明書き、オーディオは見ない聞かない


これ少し、諸刃の手法なのですが私は作品案内のオーディオを使ったことがありません。
また、既出のエバレットミレー含め、10何年画家の名前をまともに知りませんでした。
この意味はやはり、自分の感覚を鍛える為。
直感を持ってして自分だけのお気に入りの作品を見つけていく喜びを見出してほしいのです。

最後は併設のカフェでお茶を(又はOhanaでもいいよ)


美術館を出ると思ったより時間が過ぎていることに気付きます。
資本主義社会のラッシュアワーから解き放たれた瞬間を噛みしめるようにお茶でもしましょう。

※今回もいや、当HPの写真は全て私達が愛情をもって撮り貯めた写真になります。くれぐれも無断転載等されないようお願いいたします。

レモン18個分のスムージー新登場

Cafe&Hair Salon Ohanaではこの度、レモン宇宙科学研究所様とのコラボレーションにより、レモン18個を1/4に濃縮したスムージーを開発しました。
18個分なのでその酸っぱさは格別、なんと胃に穴が開くレベルです♪
本日4/1限定発売 ¥3980
#レモン#れもん#だもん#ビタミンC#びたみんC#ぶたみんC#ハッシュタグで拾えるものなら拾いたい#世の中そんなに甘くない#楽して儲ける#興味ない#海外で悠々自適生活#興味ない#Cafe#名古屋#名古屋カフェ#カフェ名古屋#Ohana#スィーツ#ケーキ#スムージー#エイプリルフール#みんな大好き♪

Old man

Ohanaには一人の年配のお客様が見える。
彼はお酒癖がたたり、出入り禁止になったお店がたくさんあるそうです。
つい最近もある店で出入り禁止になった事を噂で聞きました。
でも、うちのお店でマナーが悪かった事はただの一度もありません。
いつも、謙虚で、笑顔で、元気な顔を見せてくれます。
そんな彼が先日、ホクホク顔で本を三冊持ってきてくれました。
私が生まれる前の本。
カメラマンとして世界中を旅した彼が現地で買いつけてきた本。
彼はいいました。
「今まで世界中を旅してきたけど、この話をするとよく、ねたまれた。まさかこの年になってこんな自由に同じ感覚で話が出来る君のような人と出会えるとは思わなかった。だから今日はボロボロになってしまったけど、この本を君にあげようと思って。」
そんな彼にお返しに私の持っているフランスの宮殿がたくさん掲載された本を差上げました。
彼が何度も「この本は良い」と言い続けていてくれた本です。
彼は、「そんな気前のいい事言って…」っとまんざらでも無い顔をして言いました。
そして、「こんな良い日はないは…」っとずっとつぶやいていました。
たくさんの人でなくても良い、一部の人でもいいから特別な店でありたいと思いました。

読書の秋

最近は、夜の気温も下がりすっかり秋めいてきましたね。Ohanaでは、美容室はカラーを暖色系にされる方が増え、カフェではスムージーから珈琲に切り替わり始めました。さて、そんな今日は本の紹介をしたいと思います。以前にもどこかで取り上げさせていただいたと思うのですが、私達は皆、本と縁が何かと深い経験をしてきました。そんな、秋の夜長にはピッタリの長編小説をセレクトしてみました。スティーヴン・キング著のダークタワーです。こちらのダークタワー第一巻は10年以上前に発刊されました。それが最近、映画化され海外では既に公開されたようです。本のあらすじは映画の予告編(下記にリンクを貼っておきます)にお任せしてしまいます。少しメンズライクな本なのですが、作中に登場するガンスリンガーの戦闘シーンの躍動感は素晴らしいものがあります。特に男がガンスリンガーになるための試験のシーンは今、文字におこせるほど仔細を覚えています。それだけの没入感が強い作品となっています。こちら、全16巻ほどとなっています。秋の夜長には…読みきれるかな…(笑)そんな、本の紹介でした。

美容室側に商品だなが設置されました。
こちらの棚、扉から何まで全て大工さんの手仕事です。
角のカーブが本当に綺麗で惚れ惚れします。
商品だなの商品に注目して下さいではなく、棚に注目してくださいとは…何とも変わった店だなと我ながら思います。
でも、大工さんがうちの為を思って作ってくれたもの。
長く、大切にしたいです。
いつもありがとうございます。

お店の装飾品

当店の内装にはスペインのタイルだったり、イタリアのエスプレッソマシンだったり、チェコの色鉛筆だったり…多国籍な物が使われています。
写真中央の照明はフィレンツェ手作りのアンティーク照明です。
一目惚れして買ってしまいました…。

Kony and Samantha

エスプレッソマシンのお話    Konyは臼挽きの機構をもっています。蕎麦の石臼挽きに見られるように香りに特徴があります。上位機種ということもあり、グラインドの精度も高く、雑味がありません。そして、Samanthaはエスプレッソマシンとして、原始的な構造を持ったピストンレバー式のマシンです。車に例えるならクラシックのマニュアル車です。現在のコーヒーショップの多くは、セミオートマシン、フルオートマシンを採用しています。マシンは、自動化するほど抽出精度が高まります。逆に、ピストンレバー式のマシンは、人間が関わる部分が多く、中々味が安定しません。フルオートマシンは目詰まりを防ぐためなど内部的構造に制約があり、一つ抜けたレベルの高い味を抽出できません。高精度で平均点の高いコーヒーを抽出したい場合、通常選ぶべきマシンは、セミオートマシンなのかもしれません。

愛すべきヒューリスティックス

 しかし、こんなお話もあります。1900年代にガルリ・カスパロフ(1963-)というチェスの世界チャンピョンがいました。1996年カスパロフは、ディープブルーというスパーコンピュータとチェスの対局をしました。ディープブルーは、秒間2億手の先読みをします。この対戦に勝利したのは、カスパロフでした。人間は、先読みできてもせいぜい20手だといわれています。そんな人間がコンピュータに勝利したのは、直感力(ヒューリスティックス)の存在があるからです。カスパロフの直感力は、才能と経験的知識の蓄積により培われました。この例に示される様に論理的な思考も大切ですが、人間の秘めたる部分の可能性も魅力的なのです。 -1997年の再戦の際には、カスパロフは負けてしまいました…。

技術の遠回り

 実体験ですが、より原始的な仕組みを知ると応用が効きます。例えばコンピュータの使用者の多くは、ソフトウェアの開発が出来るわけではありません。そして、ソフトウェアの開発ができる人も電子工学の知識がなければ回路やプロセッサの設計ができないため、コンピュータ自体を作ることができません。しかし、流れを逆にした場合は、上手くいきます。上流工程への深い理解と原理を知ることは、道具、技法、技能の調和をとることにつながります。 そんな、右斜め上なサイドストーリー…。]]>